<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

走り収め

 ということで、雨上りの晦日の朝。
b0343094_17585473.jpg
 
b0343094_18012824.jpg
 
b0343094_18040355.jpg
 
b0343094_18042299.jpg
 
b0343094_18044249.jpg
 
b0343094_18063685.jpg
 
b0343094_18065055.jpg
 
b0343094_18070545.jpg
 
b0343094_18072114.jpg
 さて。帰りましょう。
 
b0343094_18110396.jpg
 皆さま、良いお年を。
 

[PR]
by w800_m_c_diaries2 | 2014-12-30 18:17 | Comments(0)

述懐

b0343094_23214401.jpg
 今年は知った道ばかり走っていたような気がする。
 来年はもっと、知らない道、知らない街を走ってみたい。
 夏季には数年振りの北海道行きなども、視野に入れておこうか。
 
 その走行距離が地球一周を越えたW800。
 基本好調とはいえ、エンジンからはパラパラと雑音が混じり聞こえ始め、リヤサスはボヨヨン、スプロケも目に見えて痩せてきた。乗り手の方の経年劣化はいわずもがな。
 
 今秋異動で新しくなった職場には、ジョンブル野郎にハーレー・ラヴァー、また、オフ車乗りやSS乗りまでもが居ることが分かった。とはいえ多分...ツルむこともなかろう。お互いの距離感としては、時折交わすバイク談義だけで十分な気がする。
 
 今冬手に入れたクシタニのジャケットはそれなりに秀逸で、ほぼ同時に投入したインナー「もちはだ」と相俟って、基本的なライディング時の防寒対策としてはこれで終着した感がある。翻って愛着していた革ジャンの、その革自体が冷え切ることによる冷気、が殊の外問題だったことが改めて露呈した。とはいえ革ジャン・・・
 
 ということで、明日より20数年振りの年末年始休みが始まるという今宵。
 そこには久しく味わえなかった一種の高揚感と、また逆にどこか後ろめたいような、ちょっとした罪悪感も伴った、相反する気持ちがふわふわと共存している。
 
 
 さあ。
 雨上がりの明日は、乗り収めに行こう。



[PR]
by w800_m_c_diaries2 | 2014-12-29 21:35 | Comments(0)

会津っぽ

b0343094_18091671.jpg
 寒空の下ひとっ走りしてきて、帰りにひょいっと立ち寄るラーメンの、そのなんと美味いことよ。
 ということで、メリークリスマス。
 今年もあと、1週間。

[PR]
by w800_m_c_diaries2 | 2014-12-24 18:30 | Comments(4)

郵政カブ

b0343094_21014170.jpg
 暫し見惚れた本日。
[PR]
by w800_m_c_diaries2 | 2014-12-20 22:39 | Comments(0)

HIGH QUALITY MOTORCYCLE SPORTS EQUIPMENT

b0343094_22174517.jpg
 私はどうもやや腕が長い...模様。
 通常はLです。


[PR]
by w800_m_c_diaries2 | 2014-12-16 22:36 | Comments(0)

冬の朝

b0343094_22071961.jpg
 黄色い朝陽が昇るころ、ようやく気温も+になった。
 

[PR]
by w800_m_c_diaries2 | 2014-12-15 22:43 | Comments(0)

朝駆け

 いわゆる放射冷却のこの日の朝。
 キツかったのはどうも人間だけではなく。
 コンデジも携帯も、満充電のはずだったバッテリーが・・・空に?
 走行風もあり冷え過ぎたのでしょうか。

 バッテリーを温めると一瞬復活するようなので、
 この日は一枚撮るごとにバッテリーを取り外して温めるという、とんだ苦行。
 雛を孵す鳥の苦労が少しだけ分かりました。
 
 
b0343094_16450349.jpg

 
 
 
b0343094_18274342.jpg

 
 
 
 
b0343094_18003041.jpg

 
 
 銀塩一眼でも持ってくれば面白かったのかも知れない。
 バッテリーレスだし。
 
 
 
b0343094_17200412.jpg
 

 
 
b0343094_17205010.jpg
 
 

 
 
b0343094_17315570.jpg
 
 
 ちなみにこの時間、既にサーファーが。
 感服致し候。
 
 
b0343094_17340764.jpg
 
 
 銚子ドーバーライン・屏風ヶ浦。
 
 
b0343094_17362647.jpg
 
 
 
 
b0343094_17405519.jpg
 
 
 
 参謀さん。
 お歳暮です。
 
 
 
b0343094_17503301.jpg
 
 
 さあ、今日も良き一日でありますように...
 
 
b0343094_17540603.jpg
 
 
 犬吠埼。

 来る年末年始は休みを頂ける模様。
 初日の出房総(暴走×呆走△)もアリか...
 
 
 
b0343094_18044496.jpg

 
 
 帰路。
 仕事の都合で叶わなかった親父の命日の、遅れ馳せながらの墓参り。

 
 

[PR]
by w800_m_c_diaries2 | 2014-12-10 18:46 | Comments(6)

Yellow Carpet

b0343094_12343935.jpg
 銀杏は植物界の生きた化石としてレッドリストにも載っている。
 その特殊さはこの落葉時にも垣間見られ、
 早い場合は数時間で一斉に落葉してしまうという。
 
 元来日本に自生のものはなく、すべて人により植樹されたらしい。
 耐火性に優れ、火防(ひぶせ)の木とも呼ばれている。
 街路樹として、また史跡や学校などで散見するのは、要はそういうところも含んでのことなのかも知れない。
 言われてみれば、野山ではほとんど見掛けたことがない気もする。
 
 
 落ち葉の絨毯。それはさながら冬へのレッドカーペット。(黄色だけど)

 

[PR]
by w800_m_c_diaries2 | 2014-12-04 16:39 | Comments(4)

visitor

カウンター